011-702-3411

営業時間:月~金 9:00~18:00

同友会は、中小企業の繁栄と、そこで働く全ての人の幸せを願い、地域社会の発展のために活動しています。

2024年わが社のチャレンジ 

地域と共に歩む企業へ

蓄積した技術と潜在力を発揮

 


 

旅促進で地域を豊かに 北海道拓殖バス(とかち支部)

 

原木しいたけ収穫の様子
中木 基博 社長

 当社は経営理念実現の一環として、今年4月新得町に原木しいたけ栽培を中心とした観光農園「拓鉄キノコタン」をオープンします。

 

 バス業界は運転手不足が深刻化し、ドライバーの高齢化も悩みです。昨年は道内最年少のバス運転士も採用するなど人材確保を進めていますが、高齢で運転が難しくなった社員の新たな活躍の場づくりも課題でした。

 

 当社の前身「北海道拓殖鉄道(拓鉄)」の本社はかつて新得町にあり、駅舎や車庫、社員寮などの跡地3万平方㍍が遊休地となっています。そこで経営理念「私達は人々の移動とふれあい〝旅〟を促進させ、地域を豊かにします」に立ち返り仕事づくりを模索し、町の特産品「原木しいたけ」の直売や収穫体験出来る観光農園を事業化。「拓鉄」の資料も展示します。

 

 「コタン」とは、アイヌ語で集落の意味です。歴史を現代に生かして地域が活性化し、再び賑やかな場所にしていきたいと期待しています。

 


 

浜の悩みを技術で解決 寺島商会(函館支部)

 

レーザーマシンを操作する社員
寺島 達則社長

 当社はコンブ洗浄機や乾燥機、プレス機など関連機器の製造・販売・修理を通じて顧客のニーズに応えてきました。顧客は全道に広がり、設立50年になります。

 

 コンブは浜ごとに幅や厚みにも特徴がある上、養殖昆布には不純物が付きやすいのが悩みです。そこで昆布に傷を付けず、幅、堅さ、厚み、ゴミの付着度合いに応じて汚れだけをしっかり落とす製品を開発。高効率で排熱交換機も備えた、長寿命の昆布乾燥機も実用化してきました。

 

 より精緻な加工を目指し、2022年にはレーザーマシンを導入。低コスト・高品質製品の内製化と、サンプルや部材製造の受注が可能になりました。また、将来的な漁業者減少に備え、コンブの洗浄・乾燥から箱詰めまで自動化できるよう、関係機関と連携して研究開発を進めています。

 

 今後は若者に漁業の魅力を伝え、漁業やものづくりを担う人材の育成を目指します。