011-702-3411

営業時間:月~金 9:00~18:00

同友会は、中小企業の繁栄と、そこで働く全ての人の幸せを願い、地域社会の発展のために活動しています。

新たな仕事の創出を/函館支部

地域経済の回復へ学びを続けることを確認しました

 

地域経済活性化に向け

 

 函館支部は425日、フォーポイントバイシェラトン函館で第52回定時総会を開きました。会員ら104名が出席。地域経済の活性化に向け、新たな仕事の創出へ活動することを確認しました。

 

 嘉堂聖也支部長は、国や自治体による観光支援施策で観光客が増えつつあるなど「明るい兆しがある」と期待感を示しました。その一方で、地元住民の消費が戻らない点や、建設業における建設資材高騰が業績に影響を与えているといった厳しい現状も指摘しました。

 

 その上で「まだまだ波はあるが、必ず乗り越えられる」と強調。情報を共有しながら、互いの強みを生かせる組織づくりを呼び掛けました。

 

 続いて、渡辺美智留副代表理事が全道の2023年度活動方針を説明しました。会員同士の顔が見える活動を展開し、25年度までに会員6000名への回復を目指すという目標を掲げました。

 

 函館支部の23年度活動方針案は嘉堂支部長が発表。スローガンを「学びの実践と成果を語り合い良い環境につなげよう」としました。達成に向けて、意欲的に参加でき多様な人と関われる活動機会を設けます。地域の新たな仕事の創出に携わるきっかけづくりにも励む考えです。