011-702-3411

営業時間:月~金 9:00~18:00

同友会は、中小企業の繁栄と、そこで働く全ての人の幸せを願い、地域社会の発展のために活動しています。

「共育」推進をスローガンに ブレンドワークス前川社長が講演/道北あさひかわ支部

前川社長はしなやかな経営について語りました

 

 道北あさひかわ支部は420日、アートホテル旭川で第49回定時総会を開催しました。「共育」のさらなる推進をスローガンに掲げ、道研の準備などを進める方針を決定。講演会ではブレンドワークスの前川裕一社長が講演し、コロナ禍においても活力のある企業づくりへの想いを語りました。

 

 総会では2022年度の支部スローガンとして「共に学び、成長できる仲間を増やそう」「強靱な企業、活気ある地域づくりに全力を尽くそう」の2項目を決議。森俊一支部長は「コロナ禍で厳しい運営が続いているが原点に返ろう」と呼び掛けました。支部方針には例会の充実など4項目を位置付け、23年に旭川で開催予定の道研に向けた準備を進めることとなりました。

 

 その後「夜空のジンギスカン」を札幌市内で展開する前川社長を講師に、「しなやかにブランド価値を高める」と題した講演会を開催。同社を始める前はサラリーマンをしていた前川社長ですが、「自分で背負う仕事をしてみたい」と一念発起して飲食店経営に乗り出しました。昨今は緊急事態宣言による営業自粛をしばしば強いられましたが、雇用調整基金を活用して難局を乗り切っていると言います。「逆算して存続計画を立てたことで、アルバイト・正社員共に離職者を出さずに済んだ」と危機を見据えた自社の経営実践を報告しました。