011-702-3411

営業時間:月~金 9:00~18:00

同友会は、中小企業の繁栄と、そこで働く全ての人の幸せを願い、地域社会の発展のために活動しています。

コロナ時代の経営戦略第3回 小笠原商店社長が報告/札幌支部

報告する小笠原さん

 

チームワークで困難乗り切れ

 

 719日、札幌支部連続企画・コロナ時代の経営戦略第3回がオンラインで開かれ、80名が参加。小笠原商店社長の小笠原琢氏が報告しました。

 

 新千歳空港で土産物を2店舗経営している同社は、コロナの直撃で昨春からの搭乗客が例年より80%も減り、売上も5分の1に激減。国際線店舗は20203月から売り上げがゼロになりました。「東日本大震災や北海道胆振東部地震にも直面したが、今回の新型コロナウイルスの影響は、過去の天災とは比べようもない」といいます。その同社を危機の淵から救ったのは、1998年に立ち上げ順調に売り上げを伸ばしていたECサイト、「北海道お土産探検隊」でした。

 

 21年に社長に就いてから、コロナと闘い続けている小笠原さん。「困難なときこそチームワークが大切。会社を支えている40名の社員の一体感をつくるために、情報共有を徹底している」と力をこめました。