011-702-3411

受付時間:月~金 8:40~18:00

同友会は、中小企業の繁栄と、そこで働く全ての人の幸せを願い、地域社会の発展のために活動しています。

「我が社の自慢17」 カネト水産(古平町)

三方良しを伝える倉庫

 

 我が社の自慢は、当社の主力商品のタラコとシンボルキャラクターの恵比寿様が描かれた倉庫です。

 

 当社は後志管内古平町でタラコや数の子などの魚卵加工品を製造・販売しています。漁師だった先代が1960年に水産加工を始めました。七福神の中で、海神、漁業神そして商業の神とされる恵比寿様にあやかった「えびすたらこ」が人気商品の一つです。

 

 この倉庫は旧倉庫の老朽化に伴い、2001年6月に建設しました。せっかく新しくするのだから、自社ならびに地域の文化や産業をPRできるもの、企業メッセージが伝わるものにしたいという先代の発案で「商売繁盛」と「地域の発展」の願いを込め、古平町の特産品で、当社の看板商品でもあるタラコと恵比寿様の絵を外壁に描くことにしました。

 

 昔は商品を木箱に入れて販売していたことから、背景は木箱をイメージした木目調にしました。札幌の専門業者が手作業で丁寧に描いてくれたお陰で、タラコと恵比寿様がより引き立つ出来栄えになっています。

 

 11年には、製造する食品の安全性確保と信頼性の向上を目的に北海道HACCPの認定を受けました。また、当社の商品は古平町のふるさと納税の返礼品にも選ばれています。

 

 現在、第10期経営指針研究会に参加し経営指針を作成中です。これからは経営指針を基に、先代が倉庫に込めた「三方良し」の思いを実現していきたいです。

 

 (監査役・山田冨志子)

 


 ▽設立=1987年、会員=代表取締役・山田裕幸、事業内容=水産加工品の製造および販売。主にタラコ、数の子など魚卵加工品、社員数=35人(パート15人含む)